メディプラスゲルのネット口コミいつまで信じる?悪評の噂を徹底検証


口コミで定評でもあり、悪評も相次ぐ『メディプラスゲル』の本当の効果を調べるために、自分で実際に1本使ってみようという企画の途中です。今回で使い始めて1カ月が経過しましたので、途中報告をしようと思います。見ている方っているんですかね(笑)?見ている方のために少しでも役立てば、と思い、今日もひたすらレビューしていきますよ〜。



手にとったメディプラスゲル



まず、ここまでの流れを軽く振り返ると、初めて使った時にモロモロが出るのが気になった、保湿力が低いのが気になったとお伝えしてきて、前回はモロモロを改善させることができたと言いましたよね。この2週間、特に注意を払っていたのが保湿力をどのようにして高めるかということです。たくさん使ってしまうとモロモロがまた出そうなので、量を増やすというわけにはいきません。2カ月使っていくためにも1日1〜2プッシュは守らないといけませんからね。



こうやって色々と模索して編み出した答えが「コットンパック」。普通のコットンのままなじませるとコットンが厚いせいでうまくなじまないので、1枚を半分に剥がし、1枚を薄めの2枚にして、メディプラスゲルをなじませてあげるといいです。こうすればたくさん使わなくてもお肌全体を保湿することができます。パックできない部分は、コットンで拭いてあげるようになじませるといいです。私はこのようにしてコットンパックをしたら保湿力の低さが気にならなくなりました。むしろ、しっかりと保湿できるようになった感じがします。


参照:コットンパックの詳しいやり方はこちら



やっと保湿力を高めることができ、問題が一つ解決してひとまず安心です。特に乾燥しやすかった頬骨あたりがコットンパックをするようにしてから乾燥が気にならなくなったので、これから徐々にお肌の水分量も上がっていくことを信じています。どうなるかわからないですけどね。毛穴の開きが改善するにはまだ時間はかかるかもしれませんが・・。ここまで面倒なことをしたくないなら、メディプラスゲルに乳液を加えてあげるのが手っ取り早いと思います。そうなると最大のメリットであるオールインワンという機能は失われてしまいますが・・(笑)。



メディプラスゲル,口コミ,悪評,効果,評価,評判



1カ月使ってみて使い始めの頃と比較すると、お肌のかゆみがなくなってきたかもしれません。何度もお伝えしていますが、乾燥肌であり敏感肌な私は、メディプラスゲルを使い始めた頃に実はちょっとお肌がかゆくなることにも悩まされていたんです。あまり不評ばっかり書いていると欲しいと思っている人に申し訳ないと思って書いていなかったのですが、はじめの頃に感じていたかゆみも今は全く感じなくなっていますので、私と同じく敏感肌に悩まされている方でも安心して使えると思います。



ここにきてわかったことがあります。それは、メディプラスゲルの口コミでの悪評は、使い方が大きく左右しているということです。使い方次第で問題はちゃんと克服できていきていますし、私は美肌効果も実感していますので、悪評をあまり信じないほうがいいかもしれません。




続きはこちら:メディプラスゲル2カ月目のレビューへ